このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー


キノコの根っこにあたる菌糸体は、地表に出ている部分(子実体)よりもはるかに栄養分が豊富です。
アガリクス茸の場合、子実体に含まれるβ-グルカンの量が全体の9%くらいです。それに対して、菌糸体に含まれるβ-グルカンの量は全体の25%にもなります。さらに、アガリクス茸などのキノコ類は、細胞のまわりを囲んでいる細胞壁がとても固いという特長があります。
そのため、アガリクス茸を粉末にしたものや普通に煎じたものを、食べたり飲んだりしても胃腸で消化できません。
そして、アガリクス茸の細胞の中に含まれている多糖体は、ほとんど吸収されないまま排泄されてしまいます。
これに対して、ABPC(Agaricus Blazei Practical Compound、アガリクス茸菌糸体抽出エキス)は、β-D-グルカンなどの高分子多糖体を吸収しやすくしたものです。

【発売元・製造元】
株式会社サンヘルス
【区分】
日本製 ・健康補助食品


広告文責:株式会社フタバ薬局 登録販売者 福岡 直樹
電話:03-5724-3767

リコーロジスティクス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

【1ケース】【送料無料】熊本・人吉 好来ラーメン【14箱×4人前】(KM) まとめ買い 箱売り 熊本ラーメン 豚骨 お土産 九州 限定 ご当地 ギフト プレゼント

【爆買い!】 サンヘルス 28袋入 アガリクスK2-アガリクス茸